Meine Kueche わたしの台所

生春巻き

日本では揚げ物用の春巻きの皮というのはスーパーで手に入りますし、生春巻きはデパ地下のお惣菜としてたくさん見かけます。
ドイツのスーパーでもアジアンコーナーというのがあって、そこにお醤油やわさびなんかと並んで春巻きの皮が・・・かねてから気になっていたので購入してみました。
Bamboo Garden社のReisteigplatten(米粉の皮:春巻き専用とかかれてあります)ドイツのたいていのスーパーにあります。30枚ほどで3ユーロ。
水でさっと戻して、ぬれた2枚のキッチンペーパーに30秒ほどはさむと柔らかい春巻きの皮になります。
今回中に入れる具材はバジル、イワシ(ナチュラルな味付けの缶詰)にねり梅のソース、それからひき肉とネギをごま油をひいてニンニク醤油でいためたもの、2種類を用意しました。
e0241807_2153081.jpg

生春巻きのままで食べても、さっといためて焦げ目をつけ、酢醤油+ラー油で餃子のようにいただいてもOKです。

Das ist unsere rohen Frühlingsrollen.
[PR]

by meinekueche | 2011-11-10 02:23 | 食べる
<< かつとじ定食 だいこん料理 >>